ミストシステムで辛い水やりを短い時間で行なう〜イキイキ栽培術〜

庭

農業用の水撒き

フラワー

高齢者が重労働を改善させる利用方法

スプリンクラーは昔こそ消化用に使われたりしていましたが、今では便利な農業用の水撒き器として利用されています。地方で大規模栽培を行っている年配の方にとっても心強い味方となっており、バリアフリーな一面も見せています。例えば、果樹園などでは複数に渡る段差を駆使して木を植えている場所があります。こうした場所で水やりをすると移動が大変で、かなりの重労働となっています。しかしスプリンクラーを使えば、その場からほとんど動かず自動で水を噴射する事が出来ます。また高齢者でも使いやすい手動タイプもあり、それぞれの木の育成具合に合わせて散水量を変える事も出来ます。機械的な操作が難しいお年寄りにも使いやすいタイプもあり、普及が次々と進んでいます。

乾燥によって作物が枯れるのを防ぐ道具として

スプリンクラーは作物には欠かせない水分を供給する装置として、非常に有名になっています。ただ、それは基本的な使い方であって、水やりをするだけなら普通のホースでも出来ます。それでもスプリンクラーが愛用されるのには様々な人気の理由があるのです。暑い地域では乾燥によって作物が枯れてしまう被害を受ける事があります。その年の暑さや日射の強さなど様々な気候条件に左右されるため、いつどう言った影響が出るのか予測が困難です。そこで、定期的にこのスプリンクラーによって水を自動で水を撒く事によって、乾燥の被害を防ぐ事が出来ます。湿気のない季節や時期はその土地によっても異なりますが、いつ発生するか分からないからこそ、常に対策出来る設備を整えておく事が求められるのです。