ミストシステムで辛い水やりを短い時間で行なう〜イキイキ栽培術〜

庭

生産数を増やすために

エクステリア

生産量をアップさせる水滴の付け方

より実の詰まった果実を作ったり、その生産量を増やすためにはスプリンクラーの導入は欠かせません。地域の特産品としてや、ブランド価値を守るためにはあらゆる取り組みをしなくてはならないのです。そこで重要になって来るのが、スプリンクラーによる微細な水滴の散布です。植物には多くの葉が付いており、これら一つ一つに水滴が付着する事で発育を促す事が出来ます。通常の水滴だと滴り落ちてしまうため、霧状にする必要があるのです。細かな粒を葉っぱに付ける事で、長時間に渡って水分を供給出来るメリットがあります。また、全体的に水分を効率よく吸収出来るので、人間で言うと新陳代謝を促すような効果があるのです。細かな水滴によって作物はたくさんの実が実るのです。

チューブやフィルター等をセットで購入する

スプリンクラーを初めて導入するなら、必要な道具をセットで購入する事を知っておきましょう。まずは、ホースとも言い換えられる、水が通る管を準備しましょう。スプリンクラーの部品としてはチューブと言う呼ばれ方をされています。長さが重要になるため、栽培地に適したものを選びましょう。それから、フィルターも重要な備品です。これは、商品になる作物を育てるなら欠かせないもので、水をキレイにろ過した状態での散水を可能としています。求めるろ過の質によって選ぶのが通常です。また、効率的な生産を望むなら、タイマーも必需品です。その日の適した時間に定期的に水を撒く事で、効率的な育成を実現させます。手動で行う手間も省けるため、大きな農地では誰もが導入しています。